2010年07月18日

精神科病院での研修を行う。

総合病院の精神科は利便性や専門性においては前二者の中間的な存在であるが、身体的合併症を持った精神疾患患者の治療が可能、一般の身体科(内科・外科など)に入院中の患者の精神的ケアを行う、いわゆるリエゾン精神医学が可能などの特徴がある。 杉坂なな子(すぎさかななこ)は、K大学医学部付属病院第二外科医局に所属する研修医。 精神科(せいしんか、Department of Psychiatry)は、医療機関の診療科目の一つで、精神疾患を主な診療対象とするものを指す。医師法・歯科医師法によって規定され、診療に従事しようとする医師・歯科医師は医科で2年以上、歯科では1年以上の臨床研修を受けなければならないと記されている。 精神科病院は入院施設も備えており様々な症状の患者に対応できる、作業療法、デイケアなど様々な治療方法を備えているため集中的な治療ができるなどの特徴がある。精神分析学(せいしんぶんせきがく)は、ジークムント・フロイト 精神科 研修ジクムント・フロイト(Sigmund Freud)によって創始された人間心理の理論と治療技法の体系を指す。診療を行う上ではまず、良好な医師・歯科医師と患者関係(ラ・ポール)を築かなくてはならない。ただし、アメリカ合衆国などでは、こうした障害は「精神遅滞」と呼ばれているのが常で、この分野の国際学会も、「mental retardation」という表現を用いている。診療情報管理士(しんりょうじょうほうかんりし)とは、四病院団体協議会(社団法人日本病院会、社団法人全日本病院協会、社団法人日本医療法人協会、社団法人日本精神科病院協会)および財団法人医療研修推進財団が資格付与する民間資格のこと。トレヴェリアンは開業の際、投機のためあなたのスポンサーになりたいと申し出たブレシントンの提案にのって開業し、ブレシントンは彼の病院の入院患者として病院に住むことになった。
posted by くーさん at 08:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。